IT業界は4つのジャンルに分けられる

IT業界は、その仕事内容によって4つのジャンルに大別されています。またそれぞれのジャンルには魅力の職種が多数あり、IT業界をあらゆるシーンから支えています。

「インターネット業界」は、ネットワークの構築からウェブサイトの制作、インターネット広告の作成など多岐にわたり、正社員だけでなくフリーランスも活躍できる職種です。特に近年は在宅ワークが流行しており、子育てで忙しい女性などでも働くことができます。

「情報処理サービス業界」はSIとも呼ばれ、企業に情報システムを取り入れる際に必要なあらゆるサービスを提供しています。専門的なITの知識や技術が必要とされソフトウェアの開発やハードウェアの選定などが主な仕事となります。多くの人はITコンサルタントの職種に就くことを最終的な目標としているようです。

「ソフトウェア業界」は、アプリの開発やオペレーティングシステムの管理などが主な仕事です。主な職種はプログラマーやシステムエンジニアであり、ソフトウェアの開発からマネージメント、コンサルティングまで幅広く対応することができます。特に近年はアプリの開発に力を入れている企業が多く見られるのが特徴です。

「ハードウェア業界」は、パソコン本体や周辺機器または電子回路などITに関わる様々な機器を製造する業界です。また、車や電化製品などを制御するために組み込まれているコンピューターも開発しています。全ての業界の中で最もエンジニアの技量が問われるため、給与も高く経験者は特に優遇されます。

このように様々なジャンルがあり職種も多様にありますが、どの職種も豊富なITの知識と技術が求められますので日々の研鑽がとても重要です。