管理職になるための3つの方法

高収入になることやIT業界を牽引するような大きな成果を上げられる期待を抱けることから管理職になることを目指すIT系のエンジニアはしばしばいます。管理職として働けるようになるには適切なキャリアパスを選ばなければなりませんが、主に3つの方法を選ぶことが可能です。

まず、就職した企業の正社員として働き続けることにより昇進を重ねて管理職として抜擢されるのを待つことができます。優秀な人材が自分と同じ世代にいなければ、活躍を続けていくことで抜擢される可能性を大きく切り開くことが可能です。

別の方法として転職を活用する方法もあります。同じ社内では優秀な人がいると管理職になるのは困難で、運の要素が大きくなりがちです。しかし、転職によって管理職の候補者がいなくて困っている企業で働く道を選ぶと抜擢される可能性が高くなります。管理職としての採用予定で募集を行っている場合もあるため、管理職の求人を探すことでより直接的に管理職を目指すことが可能です。求人を探すときはIT業界を専門的に扱っている転職サイトや転職エージェントの利用がお勧めです。使い方によって転職の成功確率が変わるため、転職サイトや転職エージェントの上手な使い方を知っておく必要があるでしょう。

最後の方法として挙げられるのがフリーランスになってから管理職を目指す方法であり、長期的な計画を立てることになります。フリーランスで様々な仕事を請け負って成果を上げていくのが前提条件であり、それをアピール材料としてスカウト募集を行うのが基本です。また、フリーランスをしてから転職をするという方法でも管理職を目指すことは可能であり、合わせて行っていくとポストを獲得できる可能性が高まります。